乳房ケア

乳房ケアについて

  • 母乳育児に関して心配のあるお母さん、胸が張って痛む、母乳をうまく与えられないなど、お悩みをお持ちに方は安心してご相談下さい。助産師による適切なケアを行ないます。

    様々な問題を助産師に相談して解決方法を見つけます。母乳は自然に出るものですが、体が疲れているとリンパ液の流れが悪くなり、母乳がスムーズに出ないことがあります。

  • 断乳指導・卒乳指導に限っては申し訳ございませんが ケアの対象外となっております。
  • おっぱいが痛い、しこりがある
  • 断乳後の方も対象でございます。
  • 赤ちゃんが吸えない、吸ってくれなくなった
  • 乳首の先が痛い、白いものが出来ている
  • この時ご持参いただいたバスタオル薄目1枚とフェイスタオル2枚使用します。
  • 母乳が足りてない?
  • おっぱいが張りすぎて困っている
  • 断乳後の方も対象でございます。この時ご持参いただいたバスタオル薄目1枚とフェイスタオル2枚使用します。

様々な思いを自分の口から発することで精神的に楽になる方もいます。産後ケアはお母さんにとってとても大事なことです。我慢しないでお電話下さい。

断乳指導・卒乳指導に限っては申し訳ございませんが ケアの対象外となっております。
江東区保健相談所にて断乳等の施術を助産師の先生にご自宅にてしてもらえる(有料サービス)訪問助産師の個別案内のシステム等ございますので再度ご確認下さいませ。 

 

ご利用方法

【ご利用出来る方】
産後4か月未満の江東区に住民登録のあるお母さんで、母乳が足りているかなど母乳育児に関して心配のある方。赤ちゃんと一緒にご参加下さい。

【ケア内容】
助産師への相談受付。授乳の仕方、様々な授乳の姿勢授乳介助、赤ちゃんがお母さんの乳首をくわえるのが上手ではない時に上手な吸わせ方。母乳マッサージ。乳首が痛むときのケア。母乳が出にくい時の、ミルクの足し方のご相談。母乳不足の時のケア。母乳が張り過ぎて痛むときの手当など。
1回(約40分)・1,000円。

【申請方法】
お住まいの地域を担当する保健相談所に、利用者ご本人が来所、または電話でお申し込みください。(保健相談所の担当地域・所在地は、下の関連ページをご覧ください。)利用条件を確認後、保険所から「利用承認番号」が渡されます。ただし、利用者負担金の減額・免除を希望の方で、書類の提出が必要な方が電話で申請の際は書類の郵送が必要です。断乳等の訪問助産師相談窓口もございます。
保健相談所担当地域一覧
http://www.city.koto.lg.jp/260501/fukushi/hoken/ippan/15.html

【利用方法】
利用承認番号を保健所から受けた方は、池下母と子クリニックへお電話下さい。
ご利用予約日を決めます。完全予約制

日時月曜日~土曜日 9:00~17:00(土曜日は16:00まで)
*木曜日は休診
場所池下母と子のクリニック 5階受付 5階にて施術となります。池下レディースクリニック東雲院の向かいの新しいビルでございます。
料金1回(40分)1,000円
予約お申し込みはお電話で。
TEL:03-3528-1588 (いこーはは)
ご来院時に必要なもの1.母子健康手帳
2.お母様の健康保険証
3.赤ちゃんに必要なもの(おむつ等はご用意しておりません。40分弱で終了できます。)
4.フェイスタオル薄目2枚持参 5.バスタオル1枚薄目でも大丈夫ですのでご持参ください

【日程表】

ご予約10分前5階の受付へお越しください。
お支払など手続き終了後、マッサージ室へ移動します。
40分のマッサージ。
40分後終了したら、お帰りの支度をして下さい。
5階でお会計となります。

診療時間

時間
9:00~17:0016:00
まで
曜日9:00~17:00
16:00まで

*土曜の午後は16:00までの診療となります。

このページの先頭へ↑