内 科

一般内科診療

  • 生活習慣病・心電図にて循環器検査などを中心に診療しております。
    発熱・風邪・インフルエンザ・吐き気・下痢・のどの痛み、などの症状にも対応しております。必要に応じ紹介状を作成し、精査可能な病院をご案内させて頂きます。

CBC 血算検査

緊急性の高い疾患にも対応できるよう、まだ開業医では導入の少ない血算の迅速検査機器を設置致しております。迅速な判断が求められる診断でも 当院なら数分で貧血や炎症の程度を正確に結果をお伝えする事が可能でございます。

  • 血算検査で何がわかる?
    血算とは、「血球算定」の略で、血液中の白血球、赤血球、血小板の数や量を調べる事です。

    例えば、白血球の数は、体の炎症、組織の破壊などにより変動します。細菌による肺炎では、白血球数は増加します。

    血小板は、ケガをして出血した時、その出血を止める働きをします。血小板の数が少なくなると、出血しやすく、足などの皮膚に、あざ(紫斑)ができやすくなりますので、血液専門医による診察が必要となります。

一方、脳梗塞、心筋梗塞では、ケガをしていないのに、血小板が動脈硬化による変化のため、血管の中で血の塊(血栓)ができるために病気が発症します。このため、治療では血小板の働きを抑えるお薬が使われます。

貧血の検査は、赤血球の数、酸素を運ぶ働きをする血色素(ヘモグロビン)量、全体の血液における赤血球の割合など、多くの項目で判定されます。貧血は、これらの値が少ない時に診断され、逆に多血症はこれらの検査項目が増加している状態です。

血算検査では上記の症状以外にも、身体の異常を見つけることができる可能性があります。
検査結果により、当院では迅速に紹介状を作成し、精査可能な病院をご案内する事が可能でございます。

                             内科担当医  朝井基祐

このページの先頭へ↑