月1回ART説明会を開催しています。受付にお尋ねください。

IVF-ETとは

採卵 画像をクリックすると大きい画像で確認できます 体外受精(IVF)とは、排卵近くまで発育した卵子を体外に取り出し、精子と接触させ、受精し分割した卵を子宮内に戻す不妊治療のことです。1978年にイギリスで初めて体外受精児が誕生して以来、全世界に急速に普及し、日本でも年間約45000人の赤ちゃんが体外受精により誕生しています。卵管が閉塞している、もしくは機能していない場合や、精子の数や運動率が不十分であり、人工授精では妊娠しない場合、また他の不妊治療(排卵誘発、人工授精など)で妊娠に至らない場合に体外受精を行います。

胚移植 画像をクリックすると大きい画像で確認できます 採卵は、静脈または局所麻酔下に、経腟超音波で卵胞を観察しながら、腟の壁から細い針を刺して卵巣を直接刺すことにより卵胞液を吸引し、その中にある卵を採取します。当日精液採取することが難しい場合は、事前に凍結した精子を用います。体外受精で得られた受精卵を、採卵2~5日後(通常3日後)に、細いチューブを腟から子宮内へ挿入し、受精卵を注入します(新鮮胚移植(ET))。採卵には概ね20分、胚移植には概ね10分の時間がかかります。

最近は、すべての良好胚を一旦凍結する(=全胚凍結)ケースが多くなっています。これは①排卵誘発周期の内膜の状態が最適でない、②卵巣過剰刺激症候群のリスクが高く、妊娠するとさらに悪化する可能性がある、場合で行われます。

ICSIとは

顕微授精(ICSI)は、受精卵を得るために顕微鏡で観察しつつ精子を卵の細胞質内に注入するという、1992年に始まった新しい治療法です。顕微授精の対象になるのは、体外受精では受精しないほどの、極度の精子減少症がある場合、体外受精において受精率が悪い場合や受精障害がある場合です。

当院では、初回体外受精を行われる方の場合は、処理前後の顕微鏡下での精子所見とコンピューターによる精子速度の分析により、低受精率が予想された場合に顕微授精を行っております。

顕微授精(ICSI)の手技について

採取した卵と精子を一つの容器に入れて受精を促す体外受精に対し、顕微授精は精子を卵細胞質まで注入するところまで行います。方法としては大きく分けて2つあり、①吸引して細胞膜を破る方法と、②ピエゾを用いて細胞膜を破る方法です。当院では②のピエゾシステムによる、卵にあまり負担が掛からない方法でおこなっています。これは先の尖っていない針を用いてピエゾで振動をあたえて卵の細胞膜を破る方法です。吸引法よりも卵に与えるダメ-ジを少なくできるため、卵子が変性しにくい利点があります。

アシステッドハッチング

孵化 画像をクリックすると大きい画像で確認できます アシステッドハッチング(AHA)は移植した胚の着床率をすこしでも上げるために行われる技術です。胚が胚盤胞まで進むと次の段階として透明帯より脱出し、子宮の内膜に着床するプロセスが起きます。この時に透明帯が厚かったり、硬かったりするとこの脱出が阻害されて着床に至らないことがあります。このハッチングを助ける(アシストする)ことからこのように呼ばれています。

当院では最新のレーザーシステムを使用したアシステッドハッチングを行っています。

胚凍結

現在では様々な卵巣刺激法が導入され、数多くの成熟卵、胚を得ることが可能となりました。しかしながら移植胚数の増加に伴い多胎妊娠まで増加することになってしまいました。そこで移植胚を制限することによって生じる余剰胚を保存するために生まれたのが凍結保存技術です。

当院では超急速凍結法を用いて胚の損傷の少ない凍結を行っています。これは高濃度の耐凍剤に浸すことで胚を脱水して耐凍剤をかわりに細胞の中にいれてやり、一気に-196℃の液体窒素に入れることで細胞をガラス化し、保存する方法です。生存率もよく、どのステ-ジの胚でも可能な方法です。

また多胎を防止する意味でも近年、胚を5日間培養し胚盤胞の状態で質の良いものを原則1個戻すようにしています。

治療費

一般体外受精:約300.000円
顕微授精:約370.000円

※排卵誘発の注射、黄体補充のための薬剤、血液検査、超音波検査費用は含まれません。

※胚凍結、胚盤胞培養、アシステッドハッチングなど施行した場合は別途費用がかかります。詳細は受診時にお問い合わせください。

当院は各自治体の生殖補助医療に対する助成金の対象施設となっております。
助成金には年齢制限がございます。

© Ikeshita Ladies' Clinic All Rights Reserved.