ご挨拶

私はこの吉祥寺で育ち、今も暮らしています。子供の頃と比べると、随分賑やかな街になり、近隣から多くの方が遊びに来られるようになりました。井の頭公園の木立は昔と変わらず、四季折々の姿は人々を和ませてくれます。

医学部で様々な診療分野について学ぶなか、女性であることを活かしたいという思いもあり、卒業後は産婦人科の道を選びました。母校の産科婦人科学教室で研鑽を積みましたが、そこで体験した産婦人科診療は、出産の苦しみと喜びに立ち会うだけでなく、子供に恵まれない方の悩み、女性であるがゆえの身体の不調、癌で子宮や卵巣を失う女性の悲しみに接するなど、まさに生涯にわたって女性に寄り添う仕事でした。さらに、生殖医療チームにおいて難治性不妊症治療や卵胞発育に関する研究に従事するにつれ、生殖医療をライフワークとしてやっていきたいという思いが強くなりました。また、公立昭和病院や武蔵野赤十字病院に勤務していた時期もあり、多摩地域で様々な診療経験をさせて頂きました。この大好きな吉祥寺の街で女性の健康をサポートし、子供をもちたいという方々のお手伝いができればと願っております。

平成21年の開院から6年を経て、より駅に近く、広いスペースを確保した新クリニックに移転致しました。培養室の機能を向上させたことに加え、生殖補助医療部門と外来診察部門を2フロアに分離することにより、患者様のプライバシーに配慮した環境を実現しました。さらに平成28年には隣の三鷹駅徒歩圏に分娩施設である池下レディースクリニック武蔵野が開院し、妊娠から分娩までトータルに患者様をサポートする体制が整いました。

池下レディースクリニック吉祥寺
院長 矢野 直美

院長経歴

昭和60年3月 女子学院高等学校卒業
平成3年 東京大学医学部卒業
東京大学大学院医学系研究科博士課程修了

東京大学医学部附属病院、公立昭和病院、武蔵野赤十字病院を経て
平成18年3月より池下レディースクリニック広小路 副院長
平成21年3月より池下レディースクリニック吉祥寺 院長

医学博士
産婦人科専門医、日本生殖医学会認定・生殖医療専門医、
日本女性医学学会認定・女性ヘルスケア専門医、母体保護法指定医

© Ikeshita Ladies' Clinic All Rights Reserved.